「一人くらいは」が生む路上駐車を根絶しましょう ピッチレベルは挑戦者の聖地です。
全景。2004年
アクセス
駐車場
ダイノウ
Today's Yada
















がんばれ!静学サッカーに挑戦する君たち
少年から大人になる門を縁あって叩いた君たち
少年時代の実績肩書きは今日からクリアーだ。君たちはエリートではなく挑戦者
苦しい練習に挑む時、はじめて君の人としての資質が現れる
そして苦しい練習のみが君を変える
自分のために妥協せず自分を奮い立たせ、頑張りつづけることが君の才能を開花させる
どうしたら楽ができるかと、練習をいやいやこなすことなほとんど意味のないことだと考えたほうがいい
残念だが、試練を受け止めれず、サッカー以外にうつつをぬかす輩の居場所はここにない
試合は自覚を持った頑張りの結果に過ぎない
思い通りにならない時は、自分に何かが足りないことを自覚することだ
親も知らない走りや自主練、日常生活の努力にこそ君の決意と人間としての本質が垣間見える
だから、誰も見ていない、誰もまねが出来ない努力に挑戦する君をいつも励まし見守っている
「妥協橋」を渡ってしまったことを心から悔いている君にはまだ少しは可能性が残っている
才能には違いはあるが、ここにはチャンスは平等にある
幸いにも、怠け者や要領のいいやつがのさばれる理不尽な世界はここに存在しない
ここは一番頑張ったやつが一番報われるところだ
だからがんばれ!
ダメになりそうな時、挫折の時こう問えばいい「夢を持って自分のためにやっているんだろ」
もっと言おう、少しの成功で自己満したらそれが君の限界
君たちは未熟者 諦めるには青すぎる
諦観し人生を振り返るのはもっともっとずーと先、がんばれ!若造!
いろいろな人にお世話になり、培うメンタルとインテリジェンスが君の一生の宝