親の為に10の心得           1987年3月
                                   静岡学園サッカー部監督 井田勝通


1.静学のゲームやトレーニングを時間をつくって見に行くこと。
  
(子供はそれを望んでいます)
2.静学のゲームやトレーニングでは全部の子供を応援すること。
  
(誰だって、自分の子が一番可愛いけれど・・・)
3.チームや選手の調子の良い時だけでなく、悪いときにも勇気づけてやること。
  
(批判をするな)
4.監督・コーチ・先生・スタッフを尊敬し尊重すること。
  
(彼らに任せましょう。判断に圧力をかけるな)
5.いつもレフリーはインストラクターとみなすこと。
  
(判定の批判をしない)
6.選手たちがサッカーをやることを楽しむように刺激し勇気づけること。
  
(プレッシャーにならないように)
7.試合が終わったら家族で楽しかったか厳しかったか話し合うこと。
  
(結果を聞くだけで終わるな)
8.サッカーをやるのに快適な節度のある用具を準備すること。
  
(大げさにならない)
9.静学サッカーのポリシー・理念・方針を理解し協力する。
  
(親子のミーティングを持ち、どのような態度で練習に臨むか話しあう)
10.忘れないでください。サッカーを通して夢の実現や人間形成をするのはあなたの子ども自身です。
  
(親のあなたではありません)