『おかげさまで』  夏がくると、冬がいいという  冬になると、夏がいいという ふとるとやせたいという、やせるとふとりたいという  忙しいと閑になりたいといい 閑になると忙しい方がいいという 自分に都合のいい人は善い人だとほめ  自分に都合が悪くなると、悪い人だと貶す 借りた傘も雨があがれば邪魔になる  金を持てば 古びた女房が邪魔になる 世帯を持てば 親さえも邪魔になる 衣食住は昔に比べりゃ天国だが  上を見て不平不満に明け暮れ 隣を見て愚痴ばかり どうして自分を見つめないのか 静かに考えてみるがよい いったい自分とは何なのか 親のおかげ、先生のおかげ、  世間さまのおかげのかたまりが 自分ではないのか つまらぬ自我妄執を捨てて 得手勝手を慎んだら   世の中はきっと明るくなるだろう おれが、おれがを捨てて  おかげさまで、おかげさまでと暮らしたい                                       作者不詳太郎

虎になれ 読書感想文 尖がるのを卒業する時期 止める者にち、成し遂げるにる道がある

2009

汗のみが天才つくる07-16

うわべ07-13

目先07-04

三度省みる05-24

挑戦05-03.04.05

サッカー人生短し04-21

初全国04-06

勤勉03-19

謙虚・感謝・用心03-15

10年偉大なり03-03

独立自尊02-26

限られた時間02-21

現実と想像02-09

心の尖端・富士の山01-13

サッカーは不合理 だからいいんです01-03.04.05

2008

ガッツとそれを継続する力11-03

フェスティバル10-19

継続と信念09-22

圧倒的力の差を前に09-08

サッカーへの心構え08-10

セルフコントロール07-26

サッカーの神はみている07-19

大海を見たいのか?07-14

才能とは継続する情熱06-29

敗北を糧に06-02

セルフスターター05-06

サッカーをする人間の習慣-言うは易し徹底は難し05-01

緊張関係持った大人の集団04-22

切磋琢磨04-13

挑戦の姿勢04-05

1年 積み重ね04-01

魂の構え02-02

確かなモチベーション01-22

2007

表現する11-24

敗北で原点に返る-がんばれ静岡学園11-18

「選手権」魂のぶつかりあい11-15

自分の感受性くらい11-02

可もなく不可もなく10-26

負けて泣くな、勝って泣け

人に影響を与えたいなら自分に厳しく

厳しさ・優しさの選択

不死身な子に育てる

感動

感謝

Usually

続・謙虚

素直・謙虚

歴史は日々の積み重ね

外から見たSHIZUGAKU

本物になる

練習は不可能を可能にする

今の時代めったに会うことのできない『真っ直ぐ』な男です。