守ってカウンターで来ることはわかっている。
90分試合ではなく70分試合は走りのアドバンテージがないのもわかっている。
ここにかける相手のいどむ気持ちの大きさももわかっている。
研究されることも、挑戦されるありがたさも、わかっているつもりで試合にむかう。

だが「勝利の神」は微笑まず。

来年に雪辱期す後輩に託すのは「挑戦心」溢れた70分試合できるチームをつくること。

高校総体県予選 このタイトルは微笑まない
この大会、何度もみたこのシーン 歴史を変えるというが

37年は半世紀と四半世紀の真ん中 もはやそのものが歴史
 

◎日程 ◎会場 ◎結果 ◎総体の呪縛 ◎登録メンバー ◎チーム紹介スポニチ